スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

白血球活性化の話 No2

 2012-01-31
老先生のグループで研究されていることは医学の元になる神秘科学の解明につながる原始細胞白血球の走化活性に注視して、この世の現象をリアル化させ現代の医療に与えられている万病を癒す新しい神秘科学の解明に展開させていく端緒として発見した

白血球に合体したリセプターの役目を果たしているエスペラン・ペプチド・リセプターが

白血球 + エスペラン・ペプチド・リセプター ➔ フコイダン様物質
として、フコイダン様物質を察知して

白血球 + エスペラン・ペプチド・リセプター + フコイダン様物質が一体化する事により白血球の貪食力が鮒がクジラに変化する如く強変することを発見したのである。
このフコイダン様物質も800種以上のフコイダンがあるのだが

褐藻海藻類の仲間のワカメのメカブから抽出した成分に硫酸基を非常に多く含まれる新しいフコイダンを発見したのだそうです。

少量含まれるのが褐藻のクロメ、ガン治療の代替え医療で有名なモズクには含まれていなかったそうです。

メカブ(和布蕪)は、ワカメ の付着器の上にある、葉状部の中で厚い折れ重なってひだ状になった部分である。生殖細胞が集まった部位で、成実葉や胞子葉に相当する。ワカメは海藻なので根 はないが、通俗的には「ワカメの根元部分」とも表現される。

老先生曰く、この新しいフコイダンを飲めば白血球の動きが活発になるから体の代謝が良くなるのだ、従ってホルモンのバランスも良くなる
妹さんの病気もホルモンのバランスが良くなれば正常に戻るから心配は無いよ
私は何百人とこのガラクトフカンで臨床を取って来ているから間違い無い、続けて飲ませてみなさいと言われたのです。
おばーちゃんのガンも必ず治ります、心配しないで飲ませて下さいと…

但し、これは薬では無いからな、メカブのジュースみたいなものだ,そう言われて、老先生と別れたのでした。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ikimizu.blog.fc2.com/tb.php/76-1b3bbd6e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。