スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大麻で癌が治るって本当なのか?

 2015-10-09

大麻、医療大麻の効能、作用について
大麻には鎮痛作用・沈静作用・催眠作用・食欲増進作用・抗癌作用・眼圧の緩和・嘔吐の抑制などがあり、アメリカ合衆国では慢性痛患者の8.9%が自己治療で大麻を使用しています。

また、モルヒネなどのオピオイド系鎮痛薬やイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症剤に十分な効果が見られない疼痛に対して大麻が有効です。ほかに、神経保護作用や、脳細胞の新生を促す作用が存在するらしいことが示唆されています。

さらに大麻は昔から万能薬として考えられ扱われており、大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害、不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病、パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとされています。

大麻が医療用途として価値があり注目されている理由には、主に以下の理由があります。

・身体的害(副作用)が少なく、第一選択薬として望ましい。

・法的規制の問題を除けば、本質的には製造・入手が容易かつ安価。

・嗜好植物としての大麻には多くの品種が存在しており、薬効成分(THC、CBDなど)のバランスが多様なため、患者の個人差・病状の差に適合した品種を見つけることができる(一種のテーラーメイド医療と言える)。

・既存の治療薬の効果が薄かったり、副作用が強い患者に対して別の選択肢となりうる。(代替医療)

・いまだ有効な治療薬が存在しない疾患、難病に対して効果が認められることがある。

◎ 古代の日本と大麻
URL http://blog.kodai-bunmei.net/blog/2007/10/000350.html 
日本人と大麻の関係は縄文時代までさかのぼる。福井県の鳥浜遺跡という10000年前の縄文時代の遺跡からは、大麻の種が発見されている。食料や燃料に利用されたようだ。トルコの遺跡から5000年前の大麻の布が出土されているが、それよりさらに古く、世界最古と言えるだろう。

縄文時代は土器に縄を押しつけて模様(縄文)としたのだが、その縄も大麻の縄だった。大麻は植物繊維の中で最も長く、しかも強い。もし大麻の布がなければ、縄文の人々は寒さ厳しい冬を越せなかったかもしれない。大麻は我々の祖先の肌を暖かく包み、守ってきたのである。 :引用終了

【おじさんの一言】
古来より大麻が使われていたなんて全く知りませんでした、
効果が確認されているなら医療用として大麻を解禁するのも検討すべきではないだろうか?
いつも思います!日本の医療は何かおかしい、
医療をお金儲けの材料として考えている、薬を売りつけて更に健康を害していると思うのです。

いき水アプリQRコード
アプリ名:いき水本舗
 ■App Store
 https://itunes.apple.com/jp/app/id1018742259
 ■Google Play
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac4600159001


励みになりますのでポチっとクリックでご協力をお願いします
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへにほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ikimizu.blog.fc2.com/tb.php/649-d09f9122

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。