スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

蚊に刺されに 「ご愛飲者さまの体験報告」

 2014-06-16
娘が夏日にたて続けに両足を刺され、痛々しい日がありました。
一日目に軽く7ヶ所…
二日目にプラス3ヶ所…

刺された時の手当ては、いき水をいつも使います。

蚊に刺されの「痒み」も、掻き壊した後の「痛み」も、どちらも抑えてくれます。

私の喉のポリープも、細菌がついた時の痛みをガッチリ取ってくれてます。

朝、掻き壊して血だらけの状態の場合、絆創膏のガーゼ部分にいき水を2、3滴垂らして血を拭き取ってすぐに貼ります。

夕方、絆創膏を張り替えようとはがしてみると、もうかさぶたが出来てます。
とにかく治りが早いです。

普通は二日くらいはジクジク膿んだり、最悪はとびひになります。→皮膚科行き決定

だから、蚊に刺されにもいき水は大活躍してくれていて、本当に助かります。

もちろん、皮膚科のぬり薬も痛くないジェル状クリームがあるので、いき水を知らなかった時は絆創膏のガーゼ部分にぬり薬を多めにつけて貼っていました。
ただですね…
完治の日数に差が出ます、いき水のほうが若干2日くらい完治が早いです。

その2日の差は私にとっては大きかったです。
例えば一日目に2ヶ所、二日目に3ヶ所刺されたら……

★いき水の場合
三日目には…5ヶ所ともかさぶたになるので、手当てがほとんど不要。
五日目には…全部かさぶた、痒みはほとんどなく、放置でOK。

★ぬり薬の場合
三日目には…一日目の2ヶ所がかさぶたになり始め、二日目の3ヶ所はまだジクジク。
五日目には…一日目の2ヶ所が痒くなりまた掻き壊す、又は痒み止めクリームを併用する。二日目の3ヶ所はかさぶたになり始める。
六日目には…全部かさぶた、痒みとの闘いになる。こどもに我慢は出来ないので痒い度にぬり薬を繰り返し塗る手間がある。
http://ameblo.jp/eienni8118310/entry-11878753214.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*
いき水には色々なチカラが有ります。
まさかね?!と思うような事が改善されたり、気になる事が軽減されたり、これが免疫賦活効果 です。
ご愛飲者さまのジューテームさんはいき水でご飯を炊いたり、お子様の目を洗うお水に使ったり
色々な効果を体験して頂いているのですが、私もスズメバチに刺された時にいき水をつかって刺された
痕を毎日洗っていましたが、
ジュテームさんもお子様が蚊に刺された痕をいき水で洗って頂いていたようです。
ご愛飲者さまのほとんどが飲用の為にお使い頂いていますが、薬局のお薬に頼るよりいき水で
刺された痕を洗われた方が効果を体感できる事もとても多いのです。

            mekabu.jpg


ブログ村ランキングに参加中です、励みになりますのでポチっとクリックでご協力をお願いします
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへにほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ikimizu.blog.fc2.com/tb.php/441-6554d6eb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。